木原たか子皮フ科クリニック
ごあいさつ 診療案内 医院案内 診療日・MAP 皮膚のお話 トップページ
コンテンツ
トップページ
ごあいさつ
診療案内
医院案内
診療日・MAP
皮膚のお話
 
Infomation
木原たか子
皮フ科クリニック
西宮市甲子園七番町
19-13
TEL 0798-49-4112
 
 TOP医院案内米国キャンデラ社製レーザー装置と治療

米国キャンデラ社製レーザー装置と治療

 
 

この度、当院では血管腫治療用として最新の色素レーザー「Vbeam」を導入致しました。今まで使用しておりました従来型色素レーザー「SPTL-1b」と同じ色素レーザーですので、基本的には同じ治療の継続ができますが、新たな機能が付いておりますので、血管腫により高い効果が期待できます。
 

 「Vbeam」の特徴および治療のメリット

Vbeam
 《より高い治療効果の期待》

 血管腫(血管の太さ)に準じて最適なパルス幅(0.45m秒〜40m秒)を選択でき、より高い治療効果が期待できます。例えば、基本的には太めの血管であれば長いパルス幅でじっくりと照射、細めの血管であれば短いパルス幅で瞬間的な照射を選択します。
※ 従来の「SPTL-1b」は極短い0.45m秒固定タイプです。

 《紫斑形成の軽減》
 血管腫への治療でパルス幅を長くすることで血管への損傷を抑え、血管内のヘモグロビンという色素のみにダメージを与えるため紫斑という内部(皮下)出血が抑えられます。
Original PDL Tech
 《照射による火傷(瘢痕化)の防止と痛みの軽減》
 ダイナミッククーリングデバイス(DCD)表皮冷却システムによりレーザー照射時の熱損傷(火傷など)を防ぎ、痛みを軽減します。
照射による火傷(瘢痕化)の防止と痛みの軽減
※従来の「SPTL-1b」にも外付けのDCD表皮冷却システムがありますが、「Vbeam」ではパルス幅の選択、高出力照射設定でより安全、より高い治療効果が期待できる最適な設定ができます。


 《より深い部位の血管腫治療の可能性》
 「Vbeam」の発振波長は595nmで、従来の「SPTL-1b」の585nmに比べてより長くなっています。
波長が長くなればなるほど皮下への深達度が高くなり、深いところにある血管腫に届く可能性も高くなります。
より深い部位の血管腫治療の可能性 波長

  「SPTL-1b」で治療を受けられており、
 これから「Vbeam」による治療を受けられる患者様へ

  
  《治療の継続》

 「Vbeam」には、当院で使用している「SPTL-1b」と同じパルス幅045m秒も備えており、基本的には「Vbeam」でも同等の治療が継続できます。
 《「Vbeam」治療への移行》
 「Vbeam」には今までの臨床経験(治験研究、学会発表など)による安全性と治療効果の目安となる治療パラメーターが準備されています。治療対象となる血管病変により、治療パラメーターを参考にして適切な照射治療を行います。
(C) 2005 木原たか子皮フ科クリニック All rights reserved.